株式会社ユニカ
MAXmini

WHO(世界保健機構)の専門機関である国際がん研究機関(IARC)が2011年5月に携帯電話などから発生する高周波の電磁波にについて「発がん性がある」と発表されています。
ユニカでは、現代社会ではさけることのできない電磁波の影響が原因でおこる『電磁波過敏症対策』に真剣に取り組んでいます。
電磁波ブロッカー MAX miniシリーズは、携帯電話・パソコン・スマートフォンなどから発する電磁波、マイクロ波などを低減させるフィルムです。

電磁波ブロッカー MAXmini (マックス ミニ)シリーズ

電磁波ブロッカー MAXmini 5G(ファイブジー)

MAXmini 5G は5G 通信に対応した電磁波ブロッカーで、2020年5月に丸山修寛医師の監修の下開発された、電化製品から発せられる電磁波ノイズを低減する電磁波ブロッカーです。
※3種類の中で最新となります。5G のスマートフォンはもちろん、他家電にもお使いいただけます。

MAXmini5Gの銅線基盤は、1本の線でできています。
この銅線基盤はフラクタルパターンによって機器から受けた電磁波を周辺へと拡散し、中心部への集中を行うことにより、電磁波を打ち消す働きが期待できます。
MAXmini5G
5G通信対応機器、パソコン、携帯電話、スマートフォン、Wi-Fiルーターなどから発する電磁波、マイクロ波などを低減します。
※MAXmini 5Gは5G通信に対応でない機器にもご使用いただけます。


電磁波ブロッカー MAXmini5Gを貼った空間での桃の比較実験

通常のガラスケース(写真左)とMAXmini5Gと丸山式コイルを4面に貼り付けたガラスケース(写真右)で桃の比較実験を行いました。

期間:10日間(2020/7/13~2020/7/22)室温:26度 湿度82% ※直射日光の当たらない室内で実施

通常ガラスケース(写真左)の桃は、8日目から熟度が増しカビが生え始めた。
MAXmini5G+コイル貼付のガラスケース(写真右)の桃は、実験終了日まで腐食することなく、終了後に新鮮な状態で食べることも可能でした。
MAXmini5Gとコイルを貼るのと貼らないでの変化は一目瞭然である。



電磁波ブロッカー MAXmini V(ブイ)

MAXmini Vは、MAXmini αの図形と、それを反転させたMAXmini αRの図形を用いることにより、どちらか一方の銅線基盤で処理できない電磁波ノイズを、もう一方の同線基盤で処理するため、より優れた電磁波処理機能が期待できます。
MAXminiαとMAXminiαR

電磁波ブロッカー MAXmini α(アルファ)

MAXmin αの銅線基盤は、周辺への拡散と中心部への集中を同時に行うことにより、お互いの磁気を打ち消す働きがあり、これにより電磁波の軽減が期待できます。


MAXmini シリーズの選び方・3種類の違いは?

MAXmini αは1つの銅線基盤で電磁波を打ち消しますが、MAXmini Vは2種類の銅線基盤を5個使用しているので、Vはαより性能が良いです。
また、2020年5月に発売したMAXmini 5Gは、現在、問題視されている通信システム5G に対応します。
MAXmini 5Gは、3枚の中で最も電磁波・マイクロ波の低減率が良いです。(下の「電磁波低減率の比較表」をご参照下さい。)
Wi-Fi ルーター、スマートフォン、パソコンには、より低減率の高い製品をおすすめしますが、その他の機器はご予算でお選び下さい。


MAXminiシリーズ低減率の比較表


  • 電磁波ブロッカー MAXminiシリーズ